Tool

5万円以内の予算でキャンプを始めよう!格安装備一覧

最低限必要な装備は?

キャンプを始めるにあたって必要な装備と言えば、テントや調理器具、寝具一式などが挙げられます。この他にもありますが、値段を気にせず装備を購入していると予算の幅を超えてしまうこともあるでしょう。

今回は5万円以内の予算で最低限キャンプができるような装備を一式ご紹介させていただきますので、これから装備を揃えようと考えている方は、記事を参考にして装備を揃えてみることをおすすめします。

必要な装備の一覧

テント、タープ、シュラフ、焚き火台、アウトドアチェア、テーブル、ランタン、バーナー、調理器具、などとこれだけの装備が必要になってくるのですが、何も考えずに購入するとテントとタープだけで5万円の予算を軽く超えてしまいます。

そもそも5万円以内ですべての装備を揃えることができるのかと不安を覚える方もいらっしゃることでしょう。しかしネット上を隈なく調べれば格安の装備は簡単に手に入るようになっていますし、予算の範囲ですべて揃えることができるようになっていますのでご安心ください。

テントを購入しよう

テントは前回投稿した記事のコスパ最強テントを参考にしてみましょう。

クレセントでも良いですし、少しお洒落なワンポールテントでも良いですね。設営の仕方などを考えてみると、おすすめなのはワンポールテントなので、ワンポールテントを購入しましょう。こちらの記事で紹介しているテントは7,980円ですので予算残額は42,020円になります。

タープを購入しよう

次に購入するものは焚き火や調理スペースの屋根部分になるタープの購入です。絶対にないと駄目なのかと言われますと、必ずしもそう言うわけではないのですが、あれば日除けにもなりますし、使用することをおすすめします。

ハック UVヘキサウイングタープ

ポール、ペグ、ロープ、キャリーバッグすべて付属してこの値段です。大きさも3m近くあり十分なスペースを確保することができますし、ポリ製なので火には弱いですが突然降ってくる雨から体や道具などを守ることもできます。

値段が値段のため、少し心配な部分もありますが、練習用のタープとして購入を検討してみてはいかがでしょうか。こちらを購入しての予算残額は38,640円となります。

焚き火台を購入しよう

テントとタープを購入したら、暖をとったり調理をするための焚き火台購入をします。BBQコンロ兼焚き火台のものを購入するのがおすすめです。焚き火台の記事でおすすめされていた、キャプテンスタッグのヘキサBBQコンロは専用の焼き網を購入することで調理も可能になるのでおすすめです。

テント、タープ、焚き火台の購入で予算残額は33,383円になります。残りはシュラフ、チェア、テーブル、ランタン、バーナー、調理器具などになります。

シュラフを購入しよう

次に必要となってくるものといえば、シュラフになります。多少資金に余裕がありますので、シュラフとエアーマットもしくは銀マット、それから肌寒い時期には必要になる可能性のあるインナーシュラフも併せて購入しておきましょう。

アリア フレール シュラフ

インナーシュラフ

Bears Rock インフレータブルマット

これだけ購入すればテントの中での睡眠がとても快適になります。特にエアーマットについては、あるのとないので格段に差がつきますし、地面からの冷気を遮断する役割を持っていますので、絶対に購入しておきましょう。こちらの3点の購入で予算残額は24,645円になります。

アウトドアチェアを購入しよう

アウトドアチェアについても種類が豊富でどれを選べば良いのかわからないという方もいらっしゃることでしょう。がっしりとした木材でできたチェアなどもありますし、体をすっぽりと包んでくれるものや、地面により近くなるロースタイルチェアなども販売されています。

ENKEEO アウトドアチェア

体をすっぽりと包んでくれるタイプのアウトドアチェアになりますが、とても安価でどのような体格の人にも合いますので、非常におすすめとなっております。高さもそれほどなく、安定感があることや、収納時はとてもコンパクトになりますので持ち運びにも便利です。

こちらの商品の購入で、予算残額は22,145円となります。次はアウトドアテーブルの購入をしていきましょう。

アウトドアテーブルを購入しよう

アウトドアチェアの高さを考慮しながら、アウトドアテーブルを購入していきましょう。体を包む系のアウトドアチェアは地面からの高さが30cm〜45cmまでのものが多く販売されています。机の高さも同じ高さ付近のものを選ぶことをおすすめします。

DABADA 折りたたみテーブル

こちらのテーブルは地面から32cmなので椅子に合わせると丁度良い高さになります。重量も軽くこちらも収納性は抜群です。なによりも価格が安く、おしゃれなのでおすすめです。こちらの商品の購入で予算残額が19,665円となります。

ランタンを購入しよう

キャンプサイトは夜間、電灯がないため真っ暗になります。そのためサイトを照らす灯りが必要です。タープの下部を照らすメインランタンとテント内に設置するランタンの2つが必要になります。

コールマン ノーススターLPガスランタン

こちらがメインランタンになります。ガスとマントルのセットでこの値段は非常に安価でありがたいです。マントルを本体にセットして空焼きを行い、ガスを装着したら準備が完了します。明るくサイト全体を照らしてくれるおすすめのメインランタンです。

LEDランタン

とてもお洒落なサブランタンです。電池式なのでテント内でも安心して使用できるようになっています。暖色なので眩しすぎず暖かくテント内を照らしてくれますよ!メインランタンとサブランタン、両方の購入で予算残額が7,365円になります。

調理器具を購入しよう

外で食べる食事はとても美味しく感じられるものです。ソロキャンプはシングルバーナーとクッカーがあれば充分に美味しい料理を作ることができますし、ある程度、家で下準備をすることによって、キャンプ場での調理の手間を省くことが可能です。

キャプテンスタッグ  クッカーセット

シングルバーナーとクッカーがセットになった商品です。上蓋はフライパン替わりになり、鍋側でお湯を沸かすこともできます。メーカーはキャプテンスタッグになりますので、安心感もあります。こちらの購入で予算残額は1,085円と見事に5万円以内に抑えることができました。

必要最低限の装備は揃ったけど

必要最低限の装備は揃ったのですが、他にも必要なものが後から出てくる可能性があります。例えばドリンクを入れるコップやカトラリーセットなどになりますが、予算が1,085円余っていますので、予算内で抑えるのであれば、お近くの100円ショップなどでの購入をおすすめします。装備を一式揃えることができたら、ゆっくりとソロキャンプをお楽しみください。