Tool

キャンプ用のテーブルはコンパクトに収納ができるロールテーブルがおすすめ!

アウトドアで使用したいテーブル

今回は、キャンプのためにテーブルを購入しようと検討している方向けの記事になります。まずは使用目的などを考えるところから始めましょう。

アウトドアテーブルも種類が豊富なのでどれを選べば良いのか非常に悩みますが、まずは人数を考えます。ソロで使用することをメインとしているのか、それとも2〜4人が使用できるような少し大きめのテーブルを使用したいのかというところで大きく変わってきます。

ソロでテーブルを使用したいという方は、持っていく荷物を極力減らし、軽くしている方が多いのではないでしょうか。ここに大きめのテーブルが加わってしまうと少し重量が気になってしまうため、収納性能が高いテーブル選びを行う必要があります。

2〜4人が使用できるテーブルが必要だという方については、荷物の移動も車がメインとなるので、重量をそれほど気にする必要もありません。キャンプで使用するテーブルも魅せるテーブルを使用することをおすすめします。少しでもお洒落なものを使用することでキャンプのムードを損なうことなくキャンプができることでしょう。

テーブルは木製のものやアルミ製のもの、一見コンパクトに見えてもずっしりと重かったり、ネットでの購入は直接触れることができないので、購入してからガッカリしてしまうこともあるでしょう。

ただしネットショップにはレビューや細かい商品情報の記載などがありますので、面倒でもしっかりと事前に情報を収集し購入の検討材料として役立てていくことで未然にそういったことを防ぐこともできます。

ソロキャンプ用のおすすめテーブル

ソロキャンプ用のテーブルのおすすめを紹介させていただきます。ソロでキャンプを行うときは、重量や収納性が気になるため、そういった部分を考慮しながら購入することをおすすめします。

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルが売れ筋もよく人気ではあるのですが、使用感としましては、ロースタイル用のテーブルとなっていますので、チェアーも低めのローチェアーを購入しなければならないという欠点があります。テーブルには料理などを並べるのですが、地面から天板までの高さが12cm程度であり、衛生的に大丈夫なのかなと心配してしまうこともあります。

地面に直接並べる訳ではないのですが、やはり草原などのキャンプサイトで使用をすると周辺に生えている芝や草の葉がテーブルの高さを越えてくることがありますので、料理に虫が入ってしまうなどの心配もあり、購入したはいいものの段々と使用回数が減っていく傾向にあるのではないでしょうか。

そのため、こちらで紹介させていただくテーブルは地面から天板までの高さが30cm以上のものを紹介していきます。

ENKEEO アウトドアテーブル

ENKEEOのアウトドアロールテーブルですが、天板までの高さが40cmとなっており安心感があります。アルミ製のため重量も気にならず天板がロール式となっていて収納性が高いため、ソロキャンプにはもってこいのアウトドアテーブルではないでしょうか。

MサイズとLサイズのツーサイズとなっています。テーブルに何を置くのかでサイズを決める人もいると考えられますが、テーブルランタンにシングルバーナー、更に料理や飲み物などを並べることを考えると、可能な限り余裕のある方が良いため、ソロであってもLサイズの購入をおすすめします。

アルミ製なので重量は軽いという点ですが、収納袋にまとめた状態で片手で楽々持ち上げが可能なぐらい軽い上に、広げてみると華奢に見える脚の部分ですが、組み立てをおこなって天板を乗せると、しっかりと支えることができているため、実際に組み上がると非常に安定感があるため安心できます。

ロールテーブルは木製の方がお洒落に見える!

やはりアウトドア用のテーブルは自然の環境に合わせて木製のロールテーブルを使用した方が、お洒落に見えます。値段の高い部分がネックなのですが、サイトにしっかり映えますし、時間の経過により煤などで汚れていくのですが、その汚れ具合もまた味があっていいものです。

ハイランダー ウッドロールトップテーブル

ソロで使用するのであれば丁度良いサイズ感です。値段も木製のロールテーブルにしては良心的な価格であり、ソロ以外のファミリーキャンプなどでは荷物置きとしても役立ちます。

Coleman(コールマン)ナチュラルウッドロールテーブル/65

やはり老舗ブランドのColemanは、品質もよく安心感があります。高さの切り替えもでき、サイズ感もソロキャンプには丁度良い大きさと言えるでしょう。値段もハイランダーのウッドロールテーブルにワンコインプラスした金額なので、安価ですし、折角なのでブランド製品のものを購入しても良いのではないでしょうか。

ペア以上で使用するテーブルのおすすめ

ペア以上で使用するテーブルは、折りたたみ式のものが多く収納性能が低いものが多いです。スペースを有効活用したいのであれば、やはりロールテーブルの購入が一番です。こちらではペア以上で使用できるロールテーブルを紹介していきますので、是非参考にしてください。

ハイランダー アルミロールテーブル124×70cm

ペアぐらいであれば十分な大きさのロールテーブルです。この大きさのロールテーブルで、この価格には驚かされますし、アルミ製のため重量もさほど気にならないところがおすすめのポイントとなっています。ハイとローでスタイル別に切り替えができるところも利便性が高く、鉄製なので汚れても拭き取れば綺麗になるという点も評価に値します。

Coleman(コールマン)ナチュラルモザイクロールテーブル

一見木製にも見えるコールマンのモザイクロールテーブルですが、天板にはメラミン素材を使用しています。汚れてもサッと拭き取ることができるようになっていますし、自然と調和する木目調にもなっていますので、サイトの雰囲気を壊すことがなくキャンプができるようになっています。高さの切り替えもできるようになっていますし、おすすめです。

Coleman(コールマン)ナチュラルウッドロールテーブル120

コールマンナチュラルウッドロールテーブルの120サイズです。ペア以上のキャンプをすることとなったら、こちらのロールテーブルの購入を検討してみてはいかがでしょうか。ちなみにコールマンのウッドロールテーブルはサイズのバリエーションが豊富にあり、用途に合わせサイズを選ぶことができるようになっています。詳しくは公式ホームページなどをご覧ください。

テーブルを選ぶのであれば

アウトドアテーブルを購入する場合、やはり高さの調整ができるテーブルを購入することをおすすめします。現在ではロースタイルのキャンプが人気ですが、ベーシックなハイスタイルのキャンプを楽しみたいということもあります。

小さいお子さんがいる方は、ロースタイルのキャンプ、子供が成長したらハイスタイルのキャンプをとシーンに合わせた活用ができるのは、お得感がありますし、価格も安いのであれば買い替えなども可能です。

ロールテーブルを強くおすすめするのは、折りたたみ式のテーブルはとても場所を取る上に重量があるという欠点を、すベて取り払ってくれるからです。何よりもソロキャンプを行う方は、バイクなどでの移動が多いのではないでしょうか。

ロールテーブルには、部品をまとめて入れることのできる収納袋が付いてくる製品も多く、バイク用のザックにくくりつけて運ぶことができますので、テーブルを持っていくことができないというバイクキャンプユーザーの不満も解消してくれます。

そのためテーブルを購入するときは、スペースや載積の点を考えた上で、ロールテーブルの購入を強くおすすめします。